「森の加工場農園」通信

落花生の種まき

デッキを張替え、オーニングを取り付けしリフォームした中庭に、ガーデンテーブルセットを新たに購入して置いた。デッキの上でビールを飲むのに一番いい季節である。

f0122766_18403668.jpg


4月22日、空芯菜の発芽が始まる。種まきから8日目である。
4月24日、パクチーの発芽が始まる。種まきから9日目である。
4月25日、落花生をポットに種まきする。一晩水に浸し、約4cmの深さに置き、土を被せる。たっぷり水をかけ、後は発芽するまで水をかけない。発芽温度は20~30℃ということで、トンネル温室の中に入れ、1週間後の発芽を待つ。

f0122766_18415464.jpg

[PR]
# by morinokakouba | 2017-04-25 18:42 | Comments(0)

長芋の植え付け

4月19日の午後、長芋の植え付け場所の波板の上に、落花生の植え付け用地の土を堀り出し、被せる。20日、午前中、さらに土を盛り、波板の上端から10cm下がった位置に、20cm間隔で、案内棒を立てた。案内棒には下から15cm、20cmの位置に黒線でマーキングしておく。案内棒の15cmの位置まで土を盛る。その上に種長芋を案内棒の位置から地上に蔓が出るよう水平に置く。

f0122766_18473648.jpg


この上に、案内棒の20cmの位置まで土を被せる。午後、堀り出しの際に出した土の山を落花生の植え付け用地に戻す。まだ半分は残っている。明日この作業を続け、長芋を植え付けた場所に黒マルチングシートをかぶせることにする。

f0122766_1848555.jpg


スナップえんどうの初収穫を行う。例年より早い収穫である。
[PR]
# by morinokakouba | 2017-04-20 18:48 | Comments(0)

長芋が期待以上に成長していた

昨年4月に植えた長芋、本来ならば昨年11月に掘り出さなければならなかったが、11月末から日本を離れなければならなかったので、掘り出しても食べきれないので、そのままにしておいた。
4月18日の午後と19日の午前中、長芋の掘り出しを行う。5個の種芋を植え、6本の長芋を収穫することができた。傷つかないよう掘り出すには、最終段階はスコップではなく移植ごてで、埋蔵文化財を掘り出すように行う必要があった。

f0122766_18353615.jpg


長芋は連作を嫌う。掘り出した後は、波板だけにして、その上に新しい土を被せることにした。

f0122766_1836071.jpg


一番長い長芋は75cmあった。農協の農産物即売所で5個350円で購入した種芋、大収穫である。

f0122766_18362522.jpg

[PR]
# by morinokakouba | 2017-04-19 18:36 | Comments(0)

パクチーの種まき

4月15日、パクチーの種まきを行う。
4月16日、ベランダの笠木が腐朽してきたので、新しいツーバイフォー材に取り替える。

f0122766_16363226.jpg


前庭の駐車場にいたずらされないよう、ソーラーセキュリティーライトを取り付ける。アマゾンで2980円。昨日の夕方注文したものが、今日午前中に配達された。便利な世の中である。

f0122766_1637784.jpg
f0122766_16372031.jpg

[PR]
# by morinokakouba | 2017-04-16 16:37 | Comments(0)

長ねぎの植え付け

4月10日、セルにまいたカリフラワーの発芽が始まる。
4月14日、里芋の両脇に長ねぎを植え、少し土を被せ、乾燥防止の籾殻を敷いた。

f0122766_16363873.jpg


種まきから10日目のつるなしいんげん。

f0122766_1637247.jpg


種まきから9日目のとうもろこし。

f0122766_16372454.jpg


種まきから9日目の枝豆。

f0122766_16374911.jpg


セルに空芯菜の種まきを行った。地這うりの簡易温室に入れる。
[PR]
# by morinokakouba | 2017-04-14 16:38 | Comments(2)

里芋の植え付け

4月12日、里芋(土垂)の植え付けを行う。40cm間隔で2列、左右は20cmずらし、40cm間隔で種芋を14個づつ、合わせて28個を植え、上部に黒マルチングシートを被せた。さらにその両脇に、長ねぎの植え付け溝を掘った。あいにく風が強く、長ねぎを植えても風で倒れてしまうので、植え付けは延期することにした。

f0122766_1812416.jpg

[PR]
# by morinokakouba | 2017-04-12 18:12 | Comments(0)

樹木型ネックレスハンガー

4月9日、以前針金で作った樹木型ネックレスハンガーに紙粘土で成形した。尖端恐怖症の人に不評であったため、改善を加えた。
4月10日、JAの農産物即売所で、種里芋28個と長ねぎの苗100本を購入。里芋と長ねぎの植え付け場所を耕す。
4月11日、一日中雨、樹木型ネックレスハンガーの紙粘土に透明ニスを塗る。

f0122766_18112410.jpg

[PR]
# by morinokakouba | 2017-04-12 18:11 | Comments(0)

えんどうの支柱立て

4月7日、午前中近くの篠竹林に篠竹を切りに行く。1.8mの支柱パイプを1.8m間隔で立て、長さ7mほどの大きな骨組みを作る。午後に篠竹を所定の長さに切り、笹を切る。30cm間隔で縦の支柱を立て、上部を横に渡した支柱パイプに縛り付ける。
4月8日、午前中、横の桟を4段、縦桟に縛り付ける。午後、倒れているえんどうを立て、麻ひもで縛りつける。

f0122766_17421768.jpg
f0122766_17422813.jpg
f0122766_17424169.jpg

[PR]
# by morinokakouba | 2017-04-08 17:42 | Comments(0)

ミニトマト、なす、地這うりなどの種まき

4月6日、セルにミニトマト(プレミアムルビー)、なす(みずなす)、ピーマン(早生)、カリフラワー(早生)の種まきを行う。

f0122766_1312367.jpg


ポット8個に3粒づつ地這きゅうり(霜しらず)の種まきを行う。

f0122766_1313183.jpg


大根(春大根)の発芽が始まる。種まきから7日目である。
庭の桜が8分咲き。強風で花びらが舞っている。

f0122766_13132961.jpg

[PR]
# by morinokakouba | 2017-04-06 13:13 | Comments(0)

つるなしいんげん、とーもろこしなどの種まき

4月2日、つるなしいんげん、春菊の場所を耕す。
4月3日、とうもろこし、枝豆の場所を耕す。らっきょう除草。
4月4日、らっきょう除草、つるなしいんげんを15cm間隔の穴あき黒マルチングにに種まき、春菊の種まきを行う。

f0122766_7122581.jpg


4月5日、らっきょう、玉ねぎ、キャベツの追肥。

f0122766_7125212.jpg
f0122766_713320.jpg


とうもろこし(ピーターコーン)、枝豆(極早生えだまめ)の種まき。

f0122766_7134443.jpg


つるなしいんげん、とうもろこし、枝豆にポリシートでトンネル温室をかける。

f0122766_7141281.jpg


はつか大根、小松菜、水菜の発芽が始まる。種まきから6日目である。
えんどうの花がかなり咲き出した。急いで支柱を立てなければならない。

f0122766_7144282.jpg

[PR]
# by morinokakouba | 2017-04-05 19:11 | Comments(0)